オークションマーケティングとクオリティマーケティングの違い

マーケティングの種類にオークションマーケティングとクオリティマーケティングの2種類があり、2021年4月現在ではオークションマーケティングからクオリティーマーケティングが主流に移っている。

目次

オークションマーケティングとは?

お金を払い、上位表示されることで流入数を増やすマーケティングの手法。食べログなどのサービスで上位表示に該当することが当てはまる。

クオリティマーケティングとは?

実際のユーザーの声やレビューによる、真実・信頼性を重視するマーケティングの手法。GoogleMapの口コミやInstgramの投稿で購買に繋がることが当てはまる。

どっちがいいの?

SNSが普及している今の時代ではクオリティマーケティングが有効的です。SNSのフォロワー数が多いインフルエンサーに商品を紹介してもらうインフルエンサーマーケティングもあります。ただ、一部ではインフルエンサーマーケティングも遅いと言われています。クオリティマーケティングは生のユーザーの声が大事で、インフルエンサーに紹介してもらっているだけで実際にいい商品であるのかはわかりません。当たり前ですが偽りのレビューは炎上になるのでダメです。PR案件であるにも関わらず隠して紹介するのはステルスマーケティングと言われ、こちらもネットでは受け入れられておらず、炎上する傾向がああります。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる